種類によって調達法を変えるとよい?

調達の仕方によっては使途が限定される

事業資金には開業資金や運転資金といった分け方や、設備資金などの個々の目的に応じた分類方法があります。どのような使途かによって資金の調達の仕方は変えなければならない場合があるので注意しましょう。調達の仕方によっては使途が限定されるからです。例えば、創業融資の多くは開業のための設備の購入や人材の獲得、備品や初期在庫の調達などには使用することができますが、運転資金に用いることはできません。助成金や補助金は個々に用途がはっきりと決められていて、それ以外には使えない仕組みになっています。融資を受ける場合などにも事業内容を説明して納得してもらうことが必要になり、そこで説明した使途以外では使用できないことが多いので注意しましょう。

自由度の高い調達法とは

事業には色々な資金使途があるので自由度の高い調達法がないのかと悩む人もいるでしょう。自己資金を投下するのは最も自由度が高い方法ですが、資金は限られていて当然です。株式会社であれば株式の発行による資金調達は使途が限定されることがない方法として魅力的でしょう。また、社債を発行する方法も使途が限られてしまうことがありません。融資についても種類によっては使途がほぼ自由になっていることもあります。銀行や信用金庫からの融資の場合には交渉次第で事業目的なら広く使える資金として調達できることも少なくありません。このような資金調達の方法に加え、個人投資家を探して投資をしてもらう方法も自由度が高い資金を手に入れる方法です。

資金調達を大阪でする際の選択肢は沢山ありますが、一般的な方法は銀行借入です。大阪にはメガバンクや地方銀行が沢山あり、銀行間の競争も激しいので、事業計画がきちんとしていれば、楽に資金調達が可能です。