事業資金の種類

事業資金は大別すると二つになる

事業資金にはいくつかの分類方法がありますが、最も単純な分け方としては開業資金と運転資金があります。事業を創業するときに必要になるまとまった資金が開業資金で、事業を動かすために常に必要になる資金が運転資金です。さらに設備資金を別枠に取ることも多く、事業をコンスタントに動かすのとは別に工場や研究所などを設置するための資金として扱われています。このような事業資金の種類によって、どのような方法で調達をしたら良いかが異なるので分類して取り扱うことが大切です。ただ、あくまでこの分類の仕方は大きな枠組みを決めているだけのものなので、さらにそれぞれの事業資金は細かく分類することができ、それに応じた調達方法を考える必要も生じることがあります。

運転資金は特に細かく分類できる

運転資金については特に細かく分類できるので注意しましょう。大枠で言ってしまえば事業を動かすときに立替する必要がある部分を補うための資金が運転資金です。商品販売をするなら商品の仕入れ費用、工場で加工販売をしているなら原材料の調達費用が代表的なものです。他にも設備を動かすための電気代や、営業活動や販売活動をするための人件費なども含まれます。運転資金の分類方法にも色々なやり方がありますが、年間を通じて必要とされる運転資金とは別に、季節資金や賞与資金を設けるケースがしばしばあります。必要になるタイミングで資金不足の場合には外部から調達するといった方針を立てることになりますが、別枠にしておくと不足分がいくらかがわかりやすいのです。

事業資金を名古屋で手続きをすると、本人確認書類だけで申請ができますし、フリーランス向けのローンもあるので便利です。